洗浄力が高くて肌に優しいクレンジングの選び方

肌に優しいクレンジングの上手な選び方

刺激と洗浄力のバランスが重要

肌に優しいクレンジング選びのポイントは2つ。

 

・クレンジング剤そのものが刺激をもたらさない
・できるだけ簡単にメイクを落とすことができる

 

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

クレンジングの目的はそもそもメイクを落とすことですから、まずしっかり洗い流すことができる洗浄力を備えていることが大前提です。

 

基本的なクレンジング剤は刺激が少ないタイプほど洗浄力が落ちる仕組みになっているため、単純に「肌に優しい」点だけを重視して選ぶとメイクを落とすという本来の目的が果たせなくなってしまう恐れもあります。

 

いくらクレンジングが肌に優しくても落としきれないメイクが肌に残ってしまうと、毛穴を塞いだり肌荒れを起こしたりといったトラブルの原因になってしまうので注意しましょう。

 

洗浄力の確認方法

この洗浄力に関してはまずオイルの含有量をチェックすることが第一です。

 

オイルの含有量とメイクの関係

オイルが肌に密着したメイクを浮き上がらせて落とす

十分なオイルが含まれていることが前提

 

※あまりオイルが多いと肌に負担がかかってしまう
 →クレンジング選びの難しい部分

含有量が多いほど洗浄力は高い

濃い目のメイクはしっかり落とすためにも、十分な洗浄力(オイルの含有量)が求められる

 

洗浄力に注目すると、薄めのナチュラルメイクの方が落としやすいので、肌に優しいクレンジングを選びやすいわけです。

 

ですから肌に優しい点にこだわってクレンジングを選ぶ場合には、普段のメイクの環境も意識し、必要なら薄めのメイクに切り替えるなどの工夫も検討したいところです。

 

必要な添加物もあるので神経質になりすぎない

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

クレンジング剤そのものの刺激ではもうひとつ、配合されている添加物の存在も重要です。

 

合成界面活性剤やパラベン、合成香料、着色料といった肌に負担をかける恐れがあるものはできるだけ避けたいところですが、製品の性質上どうしても必要な添加物も出てくるのであまり神経質に考えず、できるだけ使われていないものを、使われているなら肌への影響が少なめなものを選んでいくようにしましょう。

 

オイルフリータイプのクレンジングもあるのでチェックしてみましょう。

 

厚めのテクスチャなら落としやすい

もうひとつのポイント、簡単にメイクを落とせるかどうかは肌になじみやすく、テクスチャが厚めで指で強くこすらなくてもメイクを浮き上がらせることができるかどうかがポイントです。

 

この点は実際に試してみないとわからない部分もあるので判断が難しいですが、メーカー側がアピールしている特別な処方や実際に使ったことがある人の口コミ評価なども参考にして比較検討してみるとよいでしょう。

 

肌に優しい洗浄力の高いクレンジングの選び方のまとめ

  • 自分のメイク環境に合った、オイル分が含まれていること
  • メイク環境や肌へ刺激の感じ方によっては、オイルフリータイプも選択肢に入れる
  • 製品の製造、品質維持上、必要な添加物もあるので神経質になりすぎない
  • 厚めのテクスチャで、メイクを浮かびあげられやすい

 

 

《参照》
60代で選びたいクレンジング

コスメルジュ編集部が選んだ!洗浄力が高くて肌に優しいクレンジング

B.A クレンジングクリーム

まるで美容液!高い洗浄力と最高の使い心地を実現した高級クレンジング

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるB.A口コミ効果特徴成分使い方

クリームクレンジングの中でもかなりこってりしていますが、顔に広げていくとオイルのように溶けていきました。厚みのあるオイルなので、変に滑ることも無くきちんとマッサージしながら、メイクを浮かせられます。がっつりメイクした時でも擦らずに落とせますし、これだけ洗浄力が高いのに、使い続けていても肌荒れをすることが無いので助かっています。

エイジングケアに高い評価があるPOLA最高峰ブランド・B.Aのクレンジングクリーム。オイルタイプのメーク馴染みや洗浄力の高さと、クリームタイプの保湿力の両方のメリットを兼ね備えているのが特徴です。古い角質もケアして肌を柔らかくしてくれます。メイクをしっかり落としたいけど肌への負担が心配な方にぴったりです。
10,800円・税込
公式HPへB.A クレンジング

 

編集部いちごの感想

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるB.A口コミ効果特徴成分使い方

取り出した時はふっくらとしたしっかりしたタイプのクリーム、でも伸ばしていると透明なオイルに変わっていきます。

 

少しピリッとした引き締め感があるフローラルの香りと共に、顔全体に広げていけて、肌を擦らずにきちんとマッサージしやすいです。

 

薄めのメイクは当然ながら、ほうれい線に溜まりがちなクリームファンデーションも、無理なくオフできました。

 

オイルタイプで感じやすい刺激も無いので、アラを隠したくてしっかりメイクしたけど、クレンジングの負担は減らしたいという方にぴったりですね。

 

《商品解説》

洗い終わった後も肌に水分が残る優しい処方

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるB.Aクレンジング口コミ効果特徴成分使い方

B.Aといえばポーラが誇るエイジングケアブランド。

 

それだけにこのクレンジングクリームでも年齢肌に配慮した内容になっているのが大きな特徴です。

 

年齢肌は水分を保つ能力が低下しており、クレンジングや洗顔によって水分が失われてしまい乾燥がどんどん加速してしまう問題点を抱えています。

 

メイクをしっかり落とせる洗浄力と、肌への優しさに加えて洗い終わった後に水分を残すことができるかもクレンジング選びのうえで重要なポイントになるわけです。

 

全体に馴染ませやすいテクスチャー

B.Aクレンジングクリームの特徴は以下の通りです。

 

・センサークレンジング機能
・肌になじみやすいテクスチャー

 

具体的な内容を見てみましょう。

センサークレンジング機能

・メイクや汚れ、不要な皮脂をしっかり落としつつ、水分保持に必要な細胞間脂質や皮脂はしっかり残す
・洗い終わった後の水分量が従来品に比べて大幅にアップ
 →クレンジング後に肌がカサついてしまうといった問題の改善に役立つ

テクスチャー

・オイルのような滑らかな感触→肌に塗付するととろけてなじみやすくなる特別なつくり
・全体にしっかりなじませつつ、強くこすらなくてもメイクを浮き上がらせて落せる
 →摩擦の刺激も最小限に抑えることができる

 

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるB.Aクレンジング口コミ効果特徴成分使い方

また肌に優しい内容ながら、ウォータープルーフタイプのメイクもしっかり落とせる洗浄力も魅力です。

 

エイジングケアを一生懸命行ってもなかなか効果が実感できない方はクレンジングの段階で老化を加速させてしまっている可能性があります。

 

B.Aクレンジングクリームはそんなエイジングケアの下準備という視点からも優れた魅力を備えたクレンジングといえるでしょう。

 

B.Aクレンジングクリームの特長のまとめ

  • 独自の「センサークレンジング機能」でメイク汚れや不要な皮脂はきちんと落とすけど、肌には潤いを残してくれる
  • 肌に馴染ませるとオイル状に変化して、摩擦を抑えながらメイクをしっかり浮き上がらせる

 

B.A B.A クレンジングクリーム 58歳 乾燥肌

1.その時のあなたの肌の状態と悩みは?

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるB.A口コミ効果特徴成分使い方

クレンジングは何年も前からクリームタイプを使っていて、かなり色々な商品を試してきて、同じクリームでもメイク落ちに差があると感じていた。年齢と共に隠したい部分が増えてきてるから、クリームで肌に優しくても落とす力はかなりしっかりした物があれば、一番いい。

 

2.そのクレンジングクリームを選んだ理由は?

1年程も前に、B.Aのトライアルを買ってみた事があって、どのアイテムも使い心地も効果もいいなと思ったけど、やはり値段がネックで買わずじまい。ただ今回は本腰入れて、クレンジングを見直したくて、その時即このB.Aのクレンジングクリームが浮かんだ。

 

3.使い心地(テクスチャー・刺激、洗浄力など)は?

柔らかいクリームで出てくるけど、顔に広げる時はにゅるーっととろけて、透明なオイルになる。この変わっていく感覚が気に入っている。オイルだから細かい所のメイクまで、きちんと馴染ませられる。刺激がないから今回これを選んだ。

 

4.効果と評価(他の商品との違いや改善して欲しい点)は?

メイクが落としやすい、クリームと言いつつ、オイルなのかよく分からないハイブリットさが他には無いし、どちらのメリットも感じられるのが、他にはない特徴だと思う。これと言って改善してほしい所はないけど、ずっと使い続ける予定だから、お徳用サイズも出てほしい。

 

《参照》
ポーラのクレンジング

ファンケル マイルドクレンジングオイル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるファンケルマイルドクレンジングオイル口コミ効果特徴成分使い方

べたつかないサラサラしたオイルで、伸ばしやすいし目元や口元の細かな部分まで入っていってくれます。肌が乾燥しやすく、オイルタイプはすぐにカサカサしたり痒くなったりしますが、ファンケルは無添加なので安心です。ウォータープルーフのマスカラも、指の腹で少し押さえるようにしてから下に滑らせるようにすると、だまにもならず落とせました。

口コミサイトでも大人気のファンケルの※無添加クレンジングオイル。メイクだけでなく肌のザラつきや毛穴汚れまでしっかり落としてくれるのにしっとり肌をキープできるのが特長です。敏感・乾燥肌でもオイルクレンジングを使いたい方や、クレンジングでもスキンケア効果が欲しい方におすすめです。※ファンケルの無添加化粧品は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収材不使用
通販限定!1ヵ月分1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
公式HPへファンケル マイルドクレンジングオイル

 

編集部いちごの感想

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるファンケルマイルドクレンジングオイル口コミ効果特徴成分使い方

オイルタイプだけどかなりサラサラの水に近いテクスチャーなので、べたつかずに顔全体に広げられます。

 

落としづらい鼻の脇も、クルクルとするだけでファンデーションがオフできるし、アイメイクも撫でるような感覚だけで残りません。

 

これまで肌の負担を考えて、低刺激のクレンジングをメインに、目元だけ専用リムーバーを使っていたので、これ1つで全部落とせるのは本当に便利です。

 

きちんとメイクをしっかり落としたいけど、刺激が嫌でオイルは…という人も、安心して使えるクレンジングだと思います。

 

《商品解説》

くすみや毛穴の黒ずみ対策にも

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるファンケルマイルドクレンジングオイルクレンジング口コミ効果特徴成分使い方

ファンケルのマイルドクレンジングオイルの特徴は、メイクだけでなくザラつきの原因になる古い角質や毛穴つまりも一緒に落とせる点です。

 

そのためくすみや毛穴の黒ずみなどの悩みを抱えている方の対策にも適しています。

 

メイク落としとしての最大の魅力は指でこすらなくても簡単に落とすことができる点です。

 

軽く撫でるだけでもスルスルと落とすことができるので、刺激に敏感な方でも使いやすい内容になっています。

 

ヌル付かずに快適に洗えるテクスチャー

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるファンケルマイルドクレンジングオイルクレンジング口コミ効果特徴成分使い方

こうした洗浄力に優れたクレンジング剤は、オイルの含有量が多くヌルヌルした感触が気になることが多いものです。

 

しかしこのクレンジング剤にはそんな問題もなく心地よい使い心地でメイクを落とせます

 

そして毛穴つまりの原因となる角栓を落とすため独自の「毛穴つるすべオイル」を配合しています。

 

毛穴つるすべオイルとは

・毛穴の表面に詰まった角栓だけでなく、奥にしつこくとどまり続けている角栓も落とすことで毛穴全体をすっきりさせられる
・黒ずみやにきびだけでなく、くすみや小じわの原因にもなるのでエイジングケアの一環としても役立てられる

 

従来品より125%水分量がアップ

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

クレンジングをめぐる大きな悩みのひとつが洗浄力と肌への影響のバランスです。

 

あまり洗浄力が強い製品はメイクだけでなく、肌の水分や必要な皮脂まで奪うことで乾燥・バリア機能の低下の原因を引き起こしてしまいます。

 

このマイルドクレンジングオイルは従来品と比べて使い終わった後の水分量が125パーセントアップしており、洗い終わった後も潤いを維持することができます。

 

このように刺激に敏感な方や乾燥の悩みを抱えている方に適したクレンジング剤です。

 

ファンケルマイルドクレンジングオイルの特長のまとめ

  • 「毛穴つるすべオイル」で毛穴の表面だけでなく、奥に詰まった角栓も除去して、エイジングケアに繋げられる
  • オイルタイプだけどべたつかずに使いやすい
  • 従来品に比べて、使用後の水分量が125%もアップしているので、乾燥肌や敏感肌の方でも使いやすい

 

ファンケル マイルドクレンジングオイル 42歳 敏感肌

1.その時のあなたの肌の状態と悩みは?

クレンジング肌に優しい低刺激落ちるファンケルマイルドクレンジングオイル口コミ効果特徴成分使い方

目が一重なのがコンプレックスで、若い時から太目にアイラインひいたり、マスカラなども活用して少しでも目が大きく見えるようにしていました。そういうメイクが肌に良くないと分かってはいても、今さら自分の目のサイズをまざまざと実感させられる、薄めのメイクもしたくなく、濃いアイメイクでも落とせるけど肌には優しいクレンジングを使いたくなりました。

 

2.そのクレンジングクリームを選んだ理由は?

クレンジングの中でも低刺激なクリームかミルクに切り替えるつもりでした。その中でこちらはオイルだけど、敏感肌でも使いやすいとと口コミで見かけて、使い心地が良さそうだと思いました。クレンジングとしての効果もたかいようですが、それでも肌の刺激にならないという同年代の意見も多かったのが、心強いです。

 

3.使い心地(テクスチャー・刺激、洗浄力など)は?

指先でするりと伸ばしやすい透明のオイルで、掌で簡単に広げられます。たるんだ瞼にめり込むように書いたアイラインも、少し肌を持ち上げるようにして馴染ませると、残らずきれいに落とせます。

 

4.効果と評価(他の商品との違いや改善して欲しい点)は?

私が望んでいた、肌の負担にならないけどメイクはきちんと落とせる商品だと思います。無添加なので気持ちの段階からリラックスして使う事が出来ます。マッサージもできるように、同じような効果や洗浄力で、クリームタイプも出来たらもっとありがたいです。

 

 

《参照》
ファンケルマイルドクレンジングオイルの口コミは?

肌に負担を掛けないクレンジングとメイクのポイント

クレンジングの種類と肌への優しさの関係

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方タイプメリットデメリット

クレンジングにはさまざまな種類があり、それぞれメリット・デメリットを抱えています。

 

とくに難しいのは洗浄力と肌への優しさのバランスです。

 

結論から言えば洗浄力に優れてメイクを落としやすいタイプほど、肌への刺激が強くなり、逆に肌優しいタイプほど洗浄力が弱くなっているのです

 

このバランスをうまくとりながら自分に合ったクレンジング剤を選ぶ必要があるのです。

 

各クレンジングのタイプと、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

タイプ

メリット デメリット
オイル

・発売数が最も多く、クレンジング剤の代表格となっている

 


オイルの含有量が多く、メイクを浮き上がらせてしっかり落とせる洗浄力に恵まれている

・肌に負担をかけやすく、メイクだけでなくバリア機能に必要な皮脂まで落としてしまう
→使い終わった後に乾燥しやすくなる

リキッド

・水分量が多くオイルタイプよりも刺激が少ないが、しっかりとした洗浄力を備えている

 

・オイルフリーのタイプが多い

・軽めのテクスチャで水っぽいので使いにくい
 →ついつい指で力をこめてこすりながら洗ってしまいやすい
・洗浄力そのものはオイルタイプよりも弱いが、摩擦の刺激で却って肌への負担が大きい

 

クリーム

・洗浄力と肌への優しさのバランスに優れている

 

ほどよいオイルの含有量でメイクをしっかり落としつつ、厚めのテクスチャで指で強くこする必要もなく余計な刺激も避けられる

・メイクになじませるまでに時間がかかってしまう

 

・ベタつきなど不快感を感じやすい

 

・クレンジングそのものがすすぎで落ちにくく洗い残しがでやすい

 

※乾燥肌や敏感肌にとってはよい選択肢
洗い残しに注意しながら使うと肌に負担をかけずにメイクを落とすのに役立つ

ミルク

・洗浄力よりも肌への優しさを重視したい人向け

 

・クリームタイプよりもやや軽めなテクスチャ
 →肌に負担をかけることなく、濯ぎでも落としやすい

・洗浄力が弱く、しっかりメイクの場合では落としきれずに残してしまう
 →薄めのナチュラルメイクを心がけるなどメイク環境も考慮しておく必要がある

 

※刺激に敏感な方は
「薄めのメイク+ミルククレンジング」が肌に優しいという点からは最も理想的な選択肢となる

肌に負担を掛けないクレンジングの仕方とメイク

クレンジング本体だけでなく使い方も肌に影響

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

肌に負担をかけずにクレンジングを行うためには、できるだけメイクをうまく浮き上がらせて落とせるかどうかが問われます。

 

こすり落とすのではなく浮き上がらせて洗い流して落とすことができるか。

 

これはクレンジング剤の使いやすさはもちろん、本人の使い方も問われる部分です。

 

ではこすらずにメイクを浮きあがらせるにはどうすればよいのでしょうか?

 

ポイントはやさしく肌にうまくなじませていくことです。

 

馴染ませ方

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

まず手のひらにクレンジング剤をとって全体にまんべんなく広げてみましょう。

 

気になる部分から集中的に落としていくのではなく、まず顔全体にクレンジング剤をなじませていきます。

 

手のひら全体でなじませることで、過剰な力をこめることなく摩擦の刺激を軽減できるのも大事なポイントです。

 

力の入れ方

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

この手のひらでなじませていくときの力加減は、肌が動くかどうかで見極めてみましょう。

 

力をいれて手のひらを肌に密着させすぎていると、手のひらの動きに合わせて肌も動いてしまいます。

 

そうならない範囲内、手のひらだけを動かしながら肌をなでるような感覚でなじませていける力加減が理想的です。

 

ただこの方法だけでは鼻や目じりなど落としにくい部分が残ってしまいます。

 

中指や薬指の腹でなじませる

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

落ちにくい部分は指先でなじませながら落としていくことになるため、力をこめてこすらないようにとくに意識したい部分です。

 

コツは人差し指ではなく中指か薬指を使うこと。しかも指の先ではなく腹でなじませてみましょう。

 

直線的なストロークで動かすのではなく軽く円を描いてくるくるとまわすように。

 

少しずつなじませていくとほど、よい力加減で使いながらメイクをうまく浮き上がらせていきやすいので試してみましょう。

 

ポイントメイクには専用リムーバー

クレンジング肌に優しい低刺激落ちる口コミ効果特徴成分使い方

あと2つ覚えてきたいのがアイメイクとすすぎです。

 

アイメイクをしっかり行っている方はクレンジングだけでは十分に落とせなかったり、落とそうとすると強くこすらなければならないなど肌に負担をもたらしてしまいがち。

 

そんな場合にはアイメイク用のリムーバーを別に使って落としましょう。

 

目元だけでなくポイントメイク全般にリムーバーを使うと、肌に負担をかけずにメイクを落とすことができるので、クレンジング剤とうまく併用したいところです。

 

すすぎに関しても当然こすらないように気をつけること、そしてあまり熱いお湯を使わないことがポイントです。

 

しっかりクレンジングができていればぬるま湯でも十分洗い流せます。

 

なかなかうまく落とせないという方はメイクを薄めにする、あまり密着度の高いリキッドファンデーションやクリームファンデーションは避けるといった工夫も取り入れてみるのもひとつの選択肢です。

 

上手なクレンジングの使い方のまとめ

  • 掌全体を使って、まず顔全体にクレンジングを広げていく
  • 掌を動かしていても、肌は動いていないのが丁度いい力加減
  • 落ちにくい部分は中指や薬指の腹で、くるくると円を描くように少しずつ馴染ませる
  • ポイントメイクには専用リムーバーを使う
  • ぬるま湯で洗い流す